京都かつりきで自慢のポークを堪能!あの人気ラーメン魁力屋の系列店

グルメ・ショッピング

京都在住のブロガーkyotaroです。

2019年3月に四条烏丸、京都産業会館に隣接する商業施設SUINA室町の1階にオープンした“とんかつ店”の紹介です。

ここは1階に大垣書店が入っているのですが、その書店を取り囲むように珈琲店など飲食店が並ぶ造りになっていてその一角に“とんかつ店”も入っています。

新しくてどこか高級感が漂い、落ち着いた雰囲気がなかなか良い“とんかつ店”で定食屋とは違ったイメージを持ちました。

今回は美味しいとんかつ店「京都かつりき」の紹介です。実はあの人気ラーメン店が運営する系列店だったのです。

スポンサーリンク

こだわりの京都ポークが堪能できる“とんかつ店”

京都繁華街の中心地「四条烏丸」に2019年3月にオープンしたとんかつ店「京都かつりき」。

実は京都ラーメンの人気店「魁力屋」が手掛ける新規事業の系列店です。

京都産業会館に隣接する新しい商業施設「SUINA室町」の1階にテナントとして入っている京都ぽーくに拘る“とんかつ店”です。

1階には真ん中にドーンと大垣書店があり、その周囲に飲食店テナントがある、一見わかり辛い変わったレイアウトになっています。

上品な佇まいのエントランスが食の期待をそそる


実際に「京都かつりき」でとんかつを食べてみた体験レビューです。

まず店舗は大垣書店レジのすぐ横にエントランスがあり、薄暗い空間のやや落ち着いた佇まいなので初めての人には少しわかり辛いですね。

店内に入るとテーブル席とオープンキッチンのカウンター席があり、とても上品な雰囲気のあるお店です。

目の前で調理してるのが見えたり、大きな豚肉をさばく姿が見れたり、料理の待ち時間も退屈することなく過ごせます。

「京都かつりき」のシステムについて

今回はオープンキッチンカウンターで「ロースかつと一口ヘレかつ定食」を注文しました。

ロース肉、ヘレ肉のいずれも当然“京都ぽーく”です。

初めてのお客様には店員さんから親切にオーダーに関して説明があります。

まずうれしいのがご飯、赤だし、キャベツはおかわり自由です。

また“選べるパン粉”のシステムがあり、揚げ方を「粗目」「細かめ」から選ぶことができます。

各席には各種ソース、ドレッシング、泡醤油、マスタードが設置してあり、ソースは「特製(甘口)」と「辛口」2種類の味が楽しめます。

とんかつ定食を実際に注文してみた

スポンサーリンク

注文の際にまず聞かれるのが“選べるパン粉”システムの揚げ方で「粗目」「細かめ」のどちらかを選びます。

揚げたてのかつが華開いたようなボリューム感があり、パン粉の風味が楽しめる「粗目」とサクサクした食感が口全体に広がる楽しめる「細かめ」があります。

Kyotaroはボリューム感とザクザクっとした挙げ具合が好きなので「粗目」を選択しました。

またソースは特製(甘口)と辛口があるのですが、ヘレ肉と辛口ソースの濃厚な味わいが絡み合った食感は絶品でした。

ロースかつはスタンダードに特製ソース(甘口)をつけて食べるとこれがまた美味。

また一緒に出てくるお漬物も色彩を意識した構成でとても美味しかったですよ。京都人もうなる漬物でごはんが進みます(※個人的には漬物もおかわりにして欲しいな)。

「京都かつりき」のこだわりは“京都ぽーく”だけではない?

京都かつりき」の最大のこだわりが“京都ぽーく”にあります。

でもそのこだわりはとんかつ以外の食材やお茶にもあるのです。詳しく見ていきましょう。

“京都ぽーく”とは?

京都ぽーく”とは京都の銘柄豚のことでランドレース種とヨークシャー種を交配した雌豚に肉質が優れたデュロック種の雄豚を交配して作られた三元交雑種の豚です。

飼育農家がこだわる柔らかく風味のある肉を作るために、栄養豊富な大麦やパンくずなどを配合した飼料を出荷前の六十日以上与え続けています。

飼育農家で育てられた豚は京都中央卸売市場第二市場に出荷されるのですが、全てが“京都ぽーく”として出荷されるわけではありません。

ある一定以上の肉質であると認められたものだけが“京都ぽーく”として食卓に届けられるのです。

京都ぽーく”は品質、飼養方法、出荷先まで厳正に管理された「京都府産」の豚肉なのです。

お米、ソース、泡醤油、お茶にもこだわりが

京都ぽーく”以外にも「京都かつりき」は定食のお米、そしてソース、泡醤油、お茶にもこだわっています。

お米は京の米老舗といわれる「八代目儀兵衛」が厳選した京都産のお米を使用しています。

ソースは大正7年創業の京都生まれの「オジカソース」と共同開発したという「特製ソース」と「辛口ソース」の2種類。

また各テーブルに設置されている「泡しょうゆ」は明治3年創業、京都亀岡生まれの「竹岡醤油」を使用。泡状でふんわかまろやかな味わいが特徴的でとんかつにとても合います。

また、出てくるお茶はすっきりした後味で「京都のお茶やな」とすぐわかりましたが、京都宇治茶の生産地である和束町のほうじ茶を使用。

このように豚肉以外にもこだわることでとんかつも美味しく頂くことができるんですね。

「京都かつりき」へのアクセスと駐車場について

■京都かつりき
TEL:075-365-4129
〒615-0024 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78 SUINA室町1F
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日  なし
〒615-0024京都市右京区西院矢掛町21シュール西院1F
アクセス 阪急「烏丸駅」、市営地下鉄「四条駅」より徒歩5分
駐車場  専用駐車場なし ※周辺コインパークを利用

まとめ

とんかつはボリューム命、サクサクした揚げ衣が命と思ってしましたが、これだけ上品で美味しいとんかつ定食は初めて食べたような気がします。

何と言ってもパン粉が「粗目」「細かめ」からオーダーの際に選べるのはポイントが高いですね。

京都かつりき」は場所も京都の中心街である「四条烏丸」にあり、地下鉄・阪急の駅から地下通路で直結してる抜群の交通アクセスです。

京都観光に来たら食事場所の候補にあげてみては如何でしょうか?後悔はさせません。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました