2020-04

神社仏閣(観光)

松尾大社はお酒の神様、醸造祖神のご利益と境内パワースポットを紹介

松尾大社には初詣を始めよく参拝に行ったことがあるのですが、実は境内にパワースポットがあったり、摂社があることを改めて知りました。身近過ぎて近所の神社という印象でしたが、上賀茂神社、下鴨神社と並んで京都最古の神社といわれ格式ある神社です。京都五社めぐりをしてマップを見ると意外なことに気付きますよ。
神社仏閣(観光)

大河内山荘庭園の行き方と駐車場情報、周辺観光地をわかりやすく紹介

京都の嵯峨嵐山エリアは子供の頃から慣れ親しんだ場所です。自己紹介で“嵐山の近くに住んでる”と答えるとすごく羨ましがられます。そんな嵯峨嵐山エリアに自然に囲まれた素晴らしい庭園“大河内山荘庭園”があるのをあなたはご存知ですか?実は入口が意外にわかりづらい場所にあるので行き方と駐車場情報、周辺観光地についてまとめました。
神社仏閣(観光)

南禅寺で水路閣アーチと桂昌院ゆかり池泉回遊式庭園の青もみじを堪能

京都東山は京都観光で外せません。“もみじの永観堂”に隣接しており、“哲学の道”まで歩いて巡る人が多いエリアです。途中にはお洒落なカフェや食事処もあり、ゆっくり巡れば一日楽しめる京都東山。そんな京都東山の南禅寺を紹介します。ここも“青もみじ”がとても美しく、水路閣とのコントラストがとても美しい、おすすめスポットです。
神社仏閣(観光)

南禅寺へのアクセスは市バス?それとも地下鉄?拝観所要時間について

京都は間もなく初夏の新緑シーズンを迎えます。2020年はコロナウィルス蔓延に伴い、世間は自粛ムード。外出できないけどせめて情報だけはお届けしたいと思い、今日は京都東山の南禅寺の紹介です。南禅寺もコロナウィルス感染拡大防止の観点から2020年4月19日(日)より拝観休止となっています。※境内は開放されてます。
イベント・花火

祇園祭「山鉾巡行」中止が決定、全国に広がる新型コロナウィルス影響

新型コロナウィルスの蔓延に伴い、京都府でも外出自粛要請に続き、緊急事態宣言が発令され、4月は京都の街も閑散としています。そんな中、残念なニュースが舞い込んできました。京の夏の風物詩・祇園祭「山鉾巡行」開催中止の発表が2020年4月20日にありました。開催中止という側面から見えてきた祇園祭のルーツについてまとめました。
神社仏閣(観光)

岩倉実相院の見どころと「床もみじ」「床みどり」の撮影禁止について

京都在住のブロガーKyotaroです。 比叡山の麓、京都岩倉にある「岩倉実相院」に行って来ました。 ここは正式名称が「実相院門跡」といい、皇室ゆかりの由緒正しき門跡寺院。 静かな街並みに佇む、比叡山の借景庭園がとて...
神社仏閣(観光)

岩倉実相院の行き方は?最寄りバス停と叡山電車最寄駅からのアクセス

今回は岩倉実相院へ行って来た時の様子をまとめました。岩倉具視ゆかりの地ということもあり、街中ですが、京都市左京区の田舎町にあります。さすがにこの辺りまで来るとJRや私鉄の駅からすぐというわけには行きません。アクセスはやや不便かもしれませんが、それでも「床もみじ」など人気のあるスポットへの行き方についてまとめました。
神社仏閣(観光)

永観堂「禅林寺」は青もみじが美しい、みかえり阿弥陀と臥龍廊は必見

新緑と言えば“青もみじ”が美しいスポットが京都にはたくさんあります。京都は全国的にも秋の紅葉が大人気。よって初夏の新緑シーズンに“青もみじ”が美しいスポットがたくさんあるのも頷けますね。今回は古今和歌集にも「もみじの永観堂」として登場する「禅林寺」こと「永観堂」の圧巻の美しさを誇る“青もみじ”の紹介です。
神社仏閣(観光)

詩仙堂丈山寺は“ししおどし発祥の地”、京都駅からどう行けば良い?

京都にはたくさんの庭園がありますが詩仙堂の庭園は格別でした。今まで数多くの庭園を訪ねて写真に収めてきたのですが、借景庭園とは違う、日本庭園の元祖という印象を強烈に受けました。静寂な庭園空間に響き渡る“コーン”という音といえばご理解頂けるのではないでしょうか?今回は一乗寺界隈にある名所のひとつ“詩仙堂”の紹介です。
神社仏閣(観光)

曼殊院門跡の幽霊掛け軸と見どころ、行き方は?専用駐車場はあるの?

京都には五箇室門跡があり、そのひとつが曼殊院門跡です。今回は圓光寺や詩仙堂を訪ねた際に、車を圓光寺近くの駐車場に停めてたまたま歩いて行ける距離に曼殊院門跡もあると知り、徒歩で散策がてら訪ねました。ここは庭園もなかなかのものでした。お気に入りの庭園について調べるとだいたい“小堀遠州公”ゆかりであることが多いのですが。
タイトルとURLをコピーしました