京都御苑と周辺のしだれ桜名所・水火天満宮と本満寺のお花見を満喫!

神社仏閣(観光)

自転車(チャリ)で京都の街に神出鬼没のブロガーkyotaroです。

2020年も4月に入り、春本番。

京都もあちこちで桜満開の便りが届いています。

当サイト管理人のKyotaroも満開の便りにつられて自転車に乗って京都市街をぶら~り散歩してきました。

今回は意外と行く機会がない“京都御苑”と周辺桜スポットの紹介です。

スポンサーリンク

京都御苑のしだれ桜とマツに生えた桜の話

京都御苑を拠点に早咲きのしだれ桜名所を自転車でめぐりました。

2020年3月30日現在、京都御苑はほぼ満開近しの状態でした。

またここに来て京都は冷え込む日が多く、桜は早く咲き始めたものの長持ちしてくれそうな予感がしてます。

京都御苑のしだれ桜

京都御苑の中には桜の木々が植えられていて御苑北側、近衛邸跡付近にしだれ桜が植えられており、例年3月下旬に見頃を迎えます。

京都御苑はいかんせん敷地が広大で市民の憩いの場として春のこの時期は、お花見に訪れる人も結構います。

桜の樹の下でブルーシートを敷いてお花見弁当を食べたり、天気がいい日は昼寝したり、近くのOLさんがお昼休みに桜の写真を撮りに来たり、と様々な風景を見ることができます。

特に御苑内北側にある近衛邸跡付近のしだれ桜は見事で満開となるととても見応えがありますね。

他にも近衛邸跡には糸桜があり、他にも桜松や車還桜など京都御苑ならではの桜を楽しむことができます。

マツに生えた桜の話

京都御苑には桜松という松の木に生える珍しい桜の樹があります。

桜松といってクロマツの樹上十数メートルの場所にヤマザクラが育ち花が咲き始めたという珍しいサクラ。

平成8年4月にこのクロマツが倒れてしまうのですが、ヤマザクラは松の空洞から地上まで根をおろし、現在も花を咲かせています。

当時の樹齢はクロマツが100年、ヤマザクラは40年と推定。

場所は京都御苑の東側、梨木神社のある清和院御門から入って御苑よりにいったところにあります。

一見、樹が倒れているのですが、倒れてるのは松の木でその上に桜の樹が立っていて花を咲かせている全国的にも珍しい光景をここでは見ることができます。

京の桜穴場スポット・水火天満宮の紅しだれ桜

水火天満宮は京都御苑より自転車で約10分の距離。堀川通り沿いにある小さな天満宮です。

ここは日本最初の天満宮として有名ですが、境内は非常に狭く、天満宮といっても「北野天満宮」比較にならないほどの狭さ。

児童公園に隣接、公園の方が敷地が広いのでつい通り越してしまいそうですが、真っ赤な天満宮の上りが立ってるので何となくわかりました。

境内には2本の紅しだれ桜が濃いピンクの花を咲かせて九分咲きでほぼ満開でした。

境内は人も少なく、桜をゆっくり楽しむことができます。むしろ児童公園で遊ぶ人の方が多かったくらいです。

水火天満宮には水難厄除のご利益があり、境内には他に六玉稲荷大明神出世石天満宮の神様が降臨したという登天石があります。

スポンサーリンク

ちなみに御祭神はあの菅原道真公です。

水火天満宮が「日本最初の天満宮」といわれる由来は「醍醐天皇の勅命により神号を賜り、天満宮とし、初めて菅原道真公の神霊を勧請したこと」によります。

本満宮のしだれ桜は見ごたえあり

京都御苑の梨木神社から自転車で約10分、出町商店街の近くに「本満寺」があります。

方丈前にあるしだれ桜は背丈も高く、まるで桜のシャワーを見てるような優雅な姿をしています。

なんとここのしだれ桜はあの有名な京都・円山公園の「祇園しだれ桜」と姉妹関係にある樹とのこと。

どうりで豪華絢爛なわけですね。樹齢は約90年と云われています。

円山公園の祇園しだれ桜より色は淡いピンクの花が咲きます。

本山・本満寺は近衛家とゆかりがある日蓮宗京都八本山のひとつに数えられます。

しだれ桜は山門を潜ったすぐ左手にあります。

京都御苑のアクセスと駐車場について

■一般財団法人国民公園協会 京都御苑
TEL075-211-6364
〒602-0881 京都市上京区京都御苑
受付時間 8:30~16:30
拝観料金 公園内は無料
アクセス 市営地下鉄/丸太町駅下車、間之町口まで徒歩5分、今出川駅下車、乾御門まで徒歩5分、京都駅より市バス/4・17・205系統、京都河原町駅より市バス/3・4・17・37・59・205系統に乗車「府立医大病院前」下車 徒歩約7分
駐車場 中立売駐車場又は清和院駐車場を利用。3時間まで800円、以後30分毎100円

水火天満宮のアクセスと駐車場について

■水火天満宮
TEL075-451-5057
〒602-0071 京都市上京区扇町722-10 堀川通上御霊上ル
拝観時間 境内自由
拝観料金 参拝無料
アクセス 地下鉄烏丸線/「鞍馬口駅」下車徒歩約10分
駐車場 専用駐車場なし

本山・本満寺のアクセスと駐車場について

■本山・本満寺
TEL075-231-4784
〒602-0802 京都市上京区寺町通今出川上ル2丁目鶴山町16
拝観時間 境内自由
拝観料金 参拝無料
アクセス 市バス/「葵橋西詰」下車徒歩約3分、京阪鴨東線/「出町柳駅」下車徒歩約10分
駐車場 神社前にコインパークあり(有料)

まとめ

京都御苑のしだれ桜と桜松、そして京都御苑周辺にあるしだれ桜の名所めぐりはいかがでしたでしょうか?

訪ねた時はちょうどどのスポットも満開でしたので、見応えがありました。

特に水火天満宮と本満寺は京都の桜名所としては隠れたスポットです。

でも菅原道真公を祀ってたり、境内のしだれ桜があの円山公園の祇園しだれの姉妹桜だったり、一度は訪れてみる価値は充分あります。

ぜひ、あなたも訪ねてみて下さい。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました