イベント・花火

イベント・花火

迷走する「Go To キャンペーン」に膨らむのは不安と期待?どっち?

7月10日に会見が行われ、概要が明らかになった「Go To キャンペーン」。感染拡大が終息しない中「なぜ、今なのか?」という疑問や「どれくらい安くで旅行できるの?」など賛否両論の意見が飛び交ってますね。発表されたものの未だ不確定要素が多く、後付けで東京除外や高齢者、若者団体に制限を付けるなど迷走してる印象が強いですね。
イベント・花火

京都祇園祭の前祭は新型コロナ影響に伴い“山鉾なし”巡行で開催

毎年7月17日は、祇園祭「前祭」山鉾巡行の日ですが、今年はコロナの影響で既に中止が決定。でも7月1~31日まで今年は規模縮小ながら祇園祭が開催されていることは当サイトでも紹介してきましたが、7月17日も山鉾巡行に代わる行事が行われました。23の山鉾保存会代表者らが四条烏丸から八坂神社四条御旅所まで徒歩で巡行しました。
イベント・花火

コロナ中止の京都祇園祭「山鉾巡行」2020年は大丸、高島屋で楽しもう

京都の街は徐々に夏の装いとなってきました。京に夏の到来を告げる風物詩といえば「京都祇園祭」です。2020年は新型コロナウィルスによって既に「山鉾巡行」「山鉾建て」「宵山・宵々山」が中止となりました。でも中止になった「京都祇園祭」を再現、展示している場所がありました。
イベント・花火

祇園祭は2020年コロナ中止ではなく規模縮小?お祭りの本義は疫病退散

2020年も折り返し、そして7月1日から京の夏の風物詩である「祇園祭」がスタート。「ん?ちょっと待てよ?祇園祭はコロナの影響で中止って聞いたんだけど…。」という人も多いのではないでしょうか?そう「祇園祭」の本義とは本来「疫病退散・無病息災」を願う神事なのをあなたはご存知ですか?ということは?
イベント・花火

楊谷寺あじさいウィークは拝観料が必要?美しい花手水と上書院公開

先日、梅雨空の中、柳谷観音・楊谷寺へ綺麗な花手水とあじさい廻廊、そして上書院特別公開へ行って来ました。とにかく大雨に近い、じゃじゃ降りで参詣者も少ないかと思ったら、結構な人出に少し驚きました。相変わらず、花手水は女性から人気で雨の日に撮る写真はまた格別でした。
イベント・花火

「祇園祭」は疫病退散を祈る祭事、コロナ影響による本義継承のあり方

4月に祇園祭「山鉾巡行」の中止が発表されて3週間。観光としての「山鉾巡行」は無くなりましたが本来、祇園祭は毎年7月1ケ月をかけて行われる八坂神社の神事。新型コロナウィルスの影響を受ける形となったが、疫病退散の祈りこそ「祇園祭」の本義。58年ぶりの中止をどのように歴史に刻むのか?祇園祭山鉾連合会の今後の活動とは?
イベント・花火

鴨川納涼床“京都初夏の風物詩”がコロナ影響で明かりのない床開きに

連日テレビでは2月から新型コロナウィルスのニュースばかり。緊急事態宣言のためKyotaroのお出かけもままならず、休みの日は家でじっとしています。京都府も特別警戒区域に指定されており、一日も早い終息を願うばかり。そんな中、ゴールデンウィークの5月1日「床開き」を迎えましたが、2020年は異例の「床開き」となりました。
イベント・花火

祇園祭「山鉾巡行」中止が決定、全国に広がる新型コロナウィルス影響

新型コロナウィルスの蔓延に伴い、京都府でも外出自粛要請に続き、緊急事態宣言が発令され、4月は京都の街も閑散としています。そんな中、残念なニュースが舞い込んできました。京の夏の風物詩・祇園祭「山鉾巡行」開催中止の発表が2020年4月20日にありました。開催中止という側面から見えてきた祇園祭のルーツについてまとめました。
イベント・花火

背割堤さくらまつり(淀川河川公園)で桜トンネル満喫!開花状況は?

2020年の印象は咲き始めが早かったわりに開花後3月3連休明けがやや気温が低い日が続いたのでやや長持ちしてる印象ですね。毎年、自転車(チャリ)で河川敷沿いを走っていく、京都府八幡市の背割堤さくらまつりですが残念ながら2020年は中止となりました。さくらまつりは中止ですが、桜並木の通り抜けは楽しむことができます。
イベント・花火

京都で刀剣乱舞の聖地めぐり2020、第10弾の開催期間いつまで?

近年、若者の人気を集める「刀剣乱舞(とうらぶ)」というオンラインゲームが社会現象になっています。そんな「刀剣乱舞」に登場する人物ゆかりの地が京都に複数あり、聖地巡礼として“とうらぶファン”の間でも話題になっています。2020年2月22日から第10弾が始まり、京都駅を起点に半日強で聖地巡礼してきたベストルートを紹介。
タイトルとURLをコピーしました