迷走する「Go To キャンペーン」に膨らむのは不安と期待?どっち?

イベント・花火

京都在住のサラリーマン・ブロガーKyotaroです。

7月10日に赤羽国交相による急遽の会見が行われ、概要が明らかになった「Go To キャンペーン」。

感染拡大が終息しない中「なぜ、今なのか?」という疑問や「どれくらい安くで旅行できるの?」など賛否両論の意見が飛び交ってますね。

発表はされたものの未だ不確定の要素が多く、後付けで東京都の除外や高齢者、若者の団体旅行に制限を付けるなど迷走してる印象が強いですね。

事実、旅行会社に勤務してる身としてはこの1週間は「大混乱」でした。


国内ランキング

スポンサーリンク

政府が推し進める「Go To キャンペーン」とは?

政府が推し進める「Go To キャンペーン」は経済活性化策のひとつで新型コロナウィルス感染拡大によって大打撃を受けている観光業の需要喚起を図る施策のひとつ。

具体的には「Go To トラベルキャンペーン」「Go To イートキャンペーン」「Go To 商店街キャンペーン」「Go To イベントキャンペーン」の4つがあります。

ここでは7月10日に記者会見で発表された「Go To トラベルキャンペーン」について解説します。

■「Go To トラベル事業の概要」
国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援。
・支援額の内訳は以下の通り。
1)7割は旅行代金割引
2)3割は旅行先で使用できる地域共通クーポン付与
・一人一泊当たり2万円が上限、日帰りは1万円が上限。
・連泊制限や利用回数の制限は設けない。
※地域共通クーポンとは1枚1,000円単位で発行する商品券。
(1,000円未満四捨五入での付与、お釣りなし)
例)1人で1泊2万円の旅行だと…
旅行代金20,000円 半額10,000円支援
→地域共通クーポン3,000円
→旅行代金割引支援7,000円 となります

しかし残念ながら、東京都居住者による東京発着の旅行、及び東京都内を目的地とした旅行の予約は当面の間、支援対象から除外されることが決定しました。

「Go To キャンペーン」に膨らむのは不安?期待?

さて、京都を始め全国各地の観光地の反応はどうでしょうか?

事実、大阪に勤務してるKyotaroは大阪から他県へ出張に行くと行き先の人々に“気を使う”ため、まだ県を跨ぐ出張は控えてます。

「大阪から来たんですか?コロナ大丈夫ですか?」と敬遠する人がいるのも事実。

現実、東京居住者の東京発着の旅行が除外されましたが、反対意見のなかには東京から全国に観光客が移動することで全国に感染が拡大する、と懸念の声も。

感染者の少ない地方にも感染が拡大する、といった不安の声があがっているのです。

青森のとある自治体では「Go To キャンペーン」開始とともに観光施設は営業自粛に入る、といった表明をしてるところもあるくらいです。

沖縄では東京都が今回除外となったことで既に予約していた東京居住者からキャンセルが相次いでる、と取引先ホテルの支配人、レンタカー会社社長が言ってました。

京都で宿泊業を営む人々は、新型コロナウィルスによって海外からの観光客が激減したことでこの3ケ月は休業状態。

落ち込む需要に対して「Go To トラベル事業」に期待を膨らませる事業者も多いようです。

でも地元京都で感染拡大はしてほしくない、という思いもあり、複雑な心境で「Go To キャンペーン」の行方を見守ってる経営者の方もいます。

スポンサーリンク

Kyotaro個人的には多くの方に京都を訪れて貰いたい、でも感染予防対策は最低限のマナーとして来て頂きたい、という思いでいっぱいですが。

「Go To トラベルキャンペーン」は実際にお得なのか?

Go To トラベルキャンペーン」を有効に活用すれば、かなりお得に旅行できることは間違いありません。

但し、7月22日の4連休前から開始される「Go To トラベル事業」ですが、注意したい点がいくつかあります。

「Go To トラベル事業」の注意点

まず、8月31日までの夏休み期間と夏休み明けの9月1日以降では支援内容が異なるという点。

急遽発動したのは7月4連休、そして夏休みの需要を喚起したいという政府と観光業の思いが大いに含まれています。

準備に時間を要した都合上、やむを得ず事業を公表し、手前の7月4連休を含む夏休みの旅行への適用を間に合わせた印象が否めません。(現在の混乱はその為)

よって8月31日までは地域共通クーポンは付与されないので注意しましょう。

また、既に予約済支払済の旅行も対象になりますが、その際は宿泊時の領収証、宿泊証明書を発行して貰って事務局に申請しないと支援が受けられません。

「Go To トラベルキャンペーン」有効に活用するには?

Go To トラベルキャンペーン」を有効に活用するには、行きたい旅行を選んでそこに支援を受ける方法もいいでしょう。

でも旅行会社勤務の立場から申し上げると、予算が許すのであれば普段利用しない高級ホテルを予約してキャンペーン最大額の支援(1泊あたり上限2万円)を受ける方法。

9月以降なら訪れる地域を代表するような高級旅館、ラグジュアリーホテルを利用し、クーポンを利用して地元の美味しい料理、レストランを利用して食も楽しむ方法。

リゾートホテルなどでは朝食付きプランを利用し、地域共通クーポンを利用して好きな食事を楽しむ方法がおすすめ。

 

現在、賛否両論ありますが、よく見てみるととても魅力的な支援事業になっています。

あとは感染予防対策をしっかり行って旅行をすればこれ以上はない支援事業になっているとKyotaro個人的には思います。

まとめ

いろんな考え方があると思いますが、まだまだ迷走が続きそうな「Go To キャンペーン」ですが、感染が終息しないなかでは期待半分、不安半分といったところですね。

Go To トラベル事業」自体は需要喚起策としてはとても有効、かつ価格や付加価値的にも魅力的なキャンペーンだと思います。

早く皆が気兼ねなく旅行に行ける環境になることを心から願うばかりです。


国内ランキング

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました